Apple Watch 8

Apple Watchを交換しました。今回はApple Watch 8です。

 

9月8日(木)夜からAppleストアで予約受付が始まりました。私は翌9日(金)の早朝に注文。今まで使っていたApple Watch 6は下取りに出すことにしました。

受付メールには10月中旬に届くとされていました。半導体が手に入りにくくなっているのでこれでも早い方だろうと思っていたところ、当初発売日とされていた16日(金)に発送したとのメールが送られてきました。

様々な携帯電話業者のサイトでは発売日延期と書かれていたのでこのメールには驚きましたが、予定どおり18日(日)に配達されました。やはりAppleストアの対応が一番早いのかもしれません。腕に着けてみると5mmの差ですが大きくなったと感じました。画面が大きくなったので見やすくなりました。

早速、古いApple Watchのペアリングを解除して新しいApple Watchのペアリングを始めたのですが、様々なパターンを試しても途中でペアリング作業が中断されてしまいます。原因がなかなか判らなかったのですが、ペアリングしようとしているiPhoneのiOSの問題かもしれないと思い、アップデート情報を見ると一応最新にはなっていましたが、iOS16の案内が出ています。今まで使っていたアプリで不具合が出る可能性もありますが、取り敢えずiOS16にアップデートすることにしました。iOSのバージョンアップが終わり、ペアリングを始めると何の問題もなく設定が終わりました。その後、Apple Payの設定を含めてApple Watch 6から全てのアプリとデータを引き継ぐことができました。


Apple Watch 8では血中酸素濃度(血中酸素ウェルネスセンサー)、心拍数(電気心拍センサー、光学式心拍センサー)、皮膚温(皮膚温センサー)が測定できるようになった他、転倒検出や衝突事故検出(高重力加速度センサー)して緊急SOSを発信する機能が搭載されました。また、ディスプレイのサイズが45mmになって画面一杯に表示されるようになったため、文字が大きくはっきり見えるようになりました。年寄り向きかもしれません。


Apple Watch 8から体温(皮膚温度)が計れるようになりました。ただし、いつでも計れる訳ではなく、寝ている間に一定間隔で測定した結果の平均値がiPhoneのヘルスアプリで見ることができます。平均体温(ベースライン)からの増減で表示されています。

体温変化の傾向が判るという感じでしょうか。その内にリアルタイムでの体温測定ができるようになるのでしょう。睡眠の状況も見えるようになりました。

ぐっすりとは眠れていないようです。


下取りは個人情報を追加登録して回収日と時間を指定します。指定した日時に宅配業者が品物を取りに来てくれ、本体だけを手渡しすると預かり証を交付してくれました。手渡した翌日のAppleホームページの表示はこんな感じ。

二日後には下取り業者まで配送されたようです。